スキップしてメイン コンテンツに移動

第2回勉強会(続きの続き)

もう1つあったお悩みは
「ダンスが止まってしまうコール」

ダンスが止まってしまうというのは、ダンサーが踊れなくて止まるのではなく、コールタイミングが悪くて、微妙に立ち止まって流れがなくなってしまうことです。


例えば、スクエアセットから

Heads Square Thru 4
Right & Left Thru
Pass Thru
Trade By

という一連の動きをするとします。

スクエアダンスのフィギュアには、それぞれ動くのに何歩かかるか決まっています。


詳しいタイミングはCallerLabsのホームページに資料があるのでダウンロードしてください。
http://www.callerlab.org/DancePrograms/AllProgramDocuments/tabid/610/Default.aspx


スクエアセットからのSquare Thru 4 なら10歩。
BoxからのRight & Left Thruなら6歩。
BoxからのPass Thruなら2歩。
Trade Byなら4歩。

フィギュアによって、必要な歩数(所要時間)が違います。

Square Thru 4は比較的時間のかかる動きなので、次のR&L Thru をCallするまでに間があきます。
しかし、Pass Thru はすぐに終わってしまう動きなので、次のTrade ByはすぐにCallしなければなりません。
これを無視すると、ダンサーが立ち止まってしまったり、慌てたりすることになります。

このコールタイミングですが、コールしながら足でリズムを取って「1・2・3・4」と数えれば解決できるのですが、なかなかコレが退屈です。数えなくても自然にスムーズなダンスができるのがPatter(言い回し)です。
※個人的な見解です(笑)

例えばセットからのSquare Thru 4であれば、
Heads Square Thru 4 hands. Four hands round, all the way around. と必ず言うようにする。
コレできっかり10歩分の長さになります。
Patter部分は、ダンスにとって重要ではないので空耳方式でOK。
それで、次のR&L Thruを、間を開けずにリズムに合わせて言えば、タイミングよくCallできます。
R&L Thruも「R&L Thru, Turn your lady」とPatterを付けて言えばきっかり6歩。
このあとも間を開けずに次のPass ThruをCallすれば良いわけです。

で、Pass Thruが問題になってくるわけですが、Pass Thruのように短い動きは次のCallに間を空けないことが大切。
この場合、Pass Thru と Trade By は連続してCallしなければなりません。
Pass Thruのあとに、Callerが一呼吸置いてしまうとダンスが止まります。

Patterを言うときの注意点。
Callの主要部分はフィギュアの部分なので、フィギュア部分はダンサーにはっきり伝わるように。
Patter部分は、いってみればどうでもいい部分なので、あまり力まないように。
フィギュアとPatterのメリハリをつけると、よりわかりやすいCallになると思います。
HILTONのボリュームコントロールを使うのも効果的です。
フィギュア部分は音楽を絞り、Patter部分は音を大きくすればメリハリが付きます。

フィギュアとPatterのセットが口癖になれば、スムーズでしかも盛り上がるダンスになってくるでしょう。Patterも色々な言い回しがあるので、Top Callerから盗んで、お気に入りの言い回しを探すと良いです。

つたない説明になってしまいました。
文章で書くのは難しいですね。

最寄りのCallerさんに教えてもらうのが一番ですね。

ダンサーはコマではないので、コーラーはタイミング良くスムーズに気持よく踊ってもらうことに気を配る必要があります。



なお、この記事の内容について、あくまでも個人的見解です。

この記事の内容によって不利益が生じても、一切の責任は負いません。あらかじめご了承ください(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

これはすぐれもの!「ワイヤレスマイクアダプタ」

久しぶりのブログ更新です。
今回はマイクの話。

今使っているマイクがワイヤレスマイクとして使える「ワイヤレスマイクアダプタ」なるものを購入しましたのでテストを兼ねて例会で使ってみました。

購入したのはALESISというメーカーの「MICLINK WIRELESS ワイヤレスマイクシステム AL-ACC-015

使い方は簡単。 受信機をHILTONアンプのマイク入力に繋いで電源を入れ、円筒状の送信機に例会で使ってるマイクをつけて、スイッチオン。 それだけ。
普段使っているマイクが簡単にワイヤレスになりました!! カタログスペックだと、電波到達距離は約18メートル。 例会の会場では十分な到達距離です。 隅々まで歩きまわってテストしましたが、電波が途切れることはありませんでした。 デジタルワイヤレスなので、音声もクリア。 送信機もかなり軽くて、マイクにつけているのを忘れるくらいです。 マイクコードに縛られることなく、自由に動いてコールや指導できるのでとても便利で楽しいです。
受信機はAC電源のほか単4乾電池2個でも動きます。 送信機はUSBで充電。満充電で6時間程度使えるようです。
■良いところ■ ・ほとんどのダイナミックマイクロホンで使用可能。 ・マイクコードに縛られず、自由に動き回ることができる。 ・デジタルなので音声がクリア。 ・十分な電波到達距離。 ・例会で十分なバッテリー持続。
■不満なところ■ ・若干、声が遅れる。 ※気にしなければ済むレベルですが、送信機で声(アナログ)→電波(デジタル)、受信機で電波(デジタル)→出力(アナログ)と変換するために、ほんの少しだけスピーカーから出る音が遅れます。コーラー本人だけエコーがかかっているような錯覚を感じるかもしれません。 ・ボリュームコントロールが使えない ※当然ですがHILTONアンプ特有のボリュームコントロール機能は使えません。 ・送信機の充電が面倒 ※例えば、受信機にマイクホルダーが付いていて、そこに差し込むと充電できるような感じになると便利かも。 ・USB充電器が付いていない。接続ケーブルがない。 ※充電用のUSBケーブルはあるのですが、充電器は市販のものを購入するかPCなどで充電するか。また、オーディオに繋ぐケーブルは別途購入する必要があります。
不満なところもありますが、専用マイクではなく、手持ちのマイクを簡単にワイヤ…

Hexagonスクエアダンス

Hexagonスクエアの講習を、鯖江で受けました。
初めて経験した時は、少しだけ解ったようで、やはり解っておらずうろうろ。
今回は、まだ2度目ですが、1度目よりは随分動けたように思いました。

覚えたこと、気付いたこと・・・
*1,3,5組がHeads、2,4,6組がSides *本籍地(オリジナルホーム)の他、2ヶ所の別宅を持ち、Headsの3組Sidesの3組でそれぞれ共有 *本妻(オリジナルパートナー)の他、2人の相手を持ち、Headsの3組Sidesの3組でそれぞれ共有 *180度の概念は120度と考える *90度の概念は60度と考える *通常のコールで、Square と Hexagon が一緒に踊ることができる...等々。
と、気付いたのはごく基本的なことだけですが、セットの人たちが皆理解されていたので、MSまでは、なんとか踊れそうな気がしました。ところが、コーラーさんたち曰く、「Hexagonは、Plus・AD辺りが一番面白いんだよ!」とのこと。通常のADでアタフタしてしまっていてはダメですね。通常のスクエアの定義をしっかり理解してから、機会があったらまた挑戦してみたいです。もっと解ったらかなり楽しいかもしれません♪

(アッコ)

HILTON MA-105購入

例会で使っている「HILTON AC-205」。

クラブ発足当時から活躍していましたが、最近はいろいろ不具合が多く、先日はとうとうアンプ部が壊れました。
だましだまし使うことは可能ですが、これ以上不具合が増えると何かと困る。
ということで、新しく購入することを決めました。

ブロンコ所属のコーラー・キュアーで、レコードを使う人もいないことから、MA-150を選択。
そして、今週、はるばるアメリカから到着しました!!
発注から約1ヶ月。時間かかりすぎとも思いますが、マイナー業界の専用機材なので仕方ない。
本体は、なかなかコンパクトでいいかも。
裸では、持ち運びが大変なので、ケースも別途調達。
精密機器などを入れるケースで代用しました。 中はウレタンスポンジで、HILTONのサイズに合わせて切り抜けるので衝撃吸収はバッチリ!
邪魔な電源コードも一緒にしまえるのは便利です。 ケースがあると、収納にも便利ですね。
あとは、オリジナリティを出すために、ステッカーを作って貼ってみると愛着が増します。 ついでに、マイクケーブルも長めのを2本購入。
わかりやすく色違いにしてみました。

昨年末にスピーカーも購入したので、機材のほとんどを新調したことになってしまいました。
あとは、コーラー・キュアーが腕を磨くだけですね・・・

■機材関係のリンク■
♡ HILTON MA-150 (Palomino Records内) http://bit.ly/wiO2Oq (英語)
♡ HILTON用マイクケーブル (Palomino Records内)  http://bit.ly/w8RDkI (英語)
♡ プロテクターツールケースL (アマゾン内) http://amzn.to/wAsOfG
♡ スピーカー Classic Pro CSP6 (サウンドハウス) http://bit.ly/zfXug0
※CSP6には別途スピコンケーブルが必要
♡スピーカースタンド(サウンドハウス) http://bit.ly/xnO4SZ
※スピーカースタンドに付けるためには別途CSP6用アダプタが必要